Titleist

VOKEY SELECTION GUIDE

正しいウェッジの選び方ガイド

STEP 1好みのヘッド形状を選ぶ

  • ● 構えた時に開きやすさを重視する方
  • ● 全体的にヘッド形状を見る方
  • ● 丸みを帯びた形状が好きな方
  • ● ロフト角ごとに3種類のバックデザイン
  • ● シャープなトップライン、はっきりした
      ふところが好きな方
  • ● グースネックが好きな方

STEP 2ピッチングウェッジを基準に
ロフト角と本数を決める。

ピッチングウェッジの 
ロフト角:

選択


飛距離:

選択

BOB'S SELECTION


ご自分のピッチング
ウェッジのロフト角を
選択してください。

※上図は一般的な弾道と飛距離を示したイメージ図であり、
実際にはプレイヤーによって異なります。

このセッティングを選択

STEP 3サンドウェッジの
ソールグラインドを決める

セッティング:

STEP 4あなたに
推奨するセッティングはこちら

 ※画像は右打用です

POINT

F グラインドの大きめのバウンス効果がバンカーからの脱出に最適です。
フェースをあまり開かなくてもバウンスを活用できますので、アプローチショットの苦手な方にもおすすめです。

上記のセッティングはあくまでも参考値です。
ぜひ実際に試打していただき、ご自身でパフォーマンスをお確かめください。

SM6およびFORGEDの両モデルにプログレッシブCGが採用されているため、複数本のウェッジをセッティングする場合に、両モデルを組み合わせることが容易になりました。

Fグラインド

Sグラインド

Kグラインド

Mグラインド

グラインドとバウンスの関係を見る