RESEARCH & DEVELOPMENT

RESEARCH & DEVELOPMENT

絶え間ない進化と革新への取り組み。

INNOVATIVE EXCELLENCE

Innovative excellence

革新的な卓越性

タイトリストのゴルフボール研究開発チームは、化学者、物理学者、数学者、コンピューター科学者、エンジニア、技師のほか、PGAプロフェッショナルや芝管理の専門家など80人以上で構成され、継続的な改良と革新に取り組んでいます。

チームの努力により、タイトリストは業界で最も多いゴルフボール関連知的財産(IP)を誇り、1,000件以上の特許を取得しています。2010年以来、米国で発行されるゴルフボール関連特許の50%近くがタイトリストに付与されています。

タイトリストは業界で最も多いゴルフボール関連知的財産(IP)を誇り、1,000件以上の特許を取得しています。

Making one

1つのボールをつくるために

タイトリスト ゴルフボール研究開発上席副社長のビル・モーガンと製品ラインディレクターのマット・ホッジが、NEW プロV1・プロV1xの生産を支える工程とスタッフの舞台裏をご案内します。

Manufacturing

Pushing the limits

現状を打破する

ゴルフボール/ゴルフクラブ製品開発チームは、新しいタイトリスト製品に革新的なテクノロジーを組み込むことによって、常に既存製品を上回るパフォーマンスを備えた製品の開発を可能にしています。研究開発部門内では、複数のチームが各年代モデルの製品に組み込む様々なコンセプトを検討しています。今年の製品に採用されるものもあれば、実現に5年かかるものもあります。実現に至らないものも数多くありますが、徹底的にテストしてみなければわからないのです。

Research & Development

研究開発部門は多くのチームで構成されます。エアロダイナミクスチームはディンプルデザインのほか、ゴルフボールの金型の開発を行っています。マテリアル研究グループは、常に新しいコア、層、カバーの配合を模索しています。別のチームは新しい塗装とコーティングに取り組み、構造チームは、あらゆるパーツをさまざまな方法で組み立てる実験をしています。ゴルフボールのパフォーマンス向上につながる有意義な発見が、タイトリストの研究開発部門を構成するすべてのチームにとっての原動力となっています。