HOLE-IN-ONE STORIES

すべてのホールインワンはユニークで、ストーリーがあると考えています。ぜひ、あなたのホールインワンストーリーを教えてください。 また申請フォームにて、ホールインワンの記念写真も共有してください。

2019/06/12
placeholder image

ゴルフ5オークビレッジ4番179ヤード軽いフォローで6番アイアンでグリップちょっと短めで打ちました。 突然の事だったので次のホールでボールを変えるのを忘れてしまい記念のボールは池の中です。

2019/06/10
placeholder image

160ヤードを6番アイアンでナイスショット。手前からピンにやったかな。。。と思ったら逆光で見失った。 その時同伴者から、入った!という驚きの声。 人生初のホールインワンは不思議な感覚と驚きの瞬間でした。

2019/06/09
placeholder image

札幌 滝のカントリークラブ 西コース6番ホール 138ヤード 打ち上げだったので、入った瞬間は見えなかったのですが、「カタン」という音が聞こえた気がしたので、少し期待をしてグリーンに行ったら、見事に入っていました。 もちろん初めてでしたので、信じられない気分でした。

2019/06/05
placeholder image

遂に出ました!我が人生初のホールインワン!!
記念すべきは2019年5月26日 南栃木(旧永野)GC 4番ホール。
典型的な丘陵コースで左右OBの狭い厳しいホールの連続…
というわけでアウトスタートいきなり左OBでトリプルボギー…
3番も素ダボで早くもすっかり戦意喪失…
と思いきや、続く4番ホールは忘れもしない154ヤードセンター。
ピンはやや手前なので、T-MBの8番アイアンを握りしめ乾坤一擲のドロー!
『グッドショット!』、『あれっ?ボール消えた!』、『入った!!』
「んな訳ないっしょ!」、と全く自分を信じていない悲しいサガ…
グリーンに近づいたらボールがないので、こともあろうにパターの他にウェッジまで持ち出して
グリーン周りを「どこだどこだ…?」
同伴者が自信満々にカップを覗き『ホラ、ここだって!』
なんと人生初エースというのに、入るところも見てないどころか、
全く自分のショットを信じていないど素人振りが白日の下に…

2019/06/04
placeholder image

5組のコンペの1組目でした。コースの最も難しいショートホールで、乗ればニアピンと思いつつ209ヤードをクラブは4Uを選択。 会心の当たりで、ピンに真っ直ぐ飛んでいきました。取り敢えず乗れ〜という感じでしたが、ピン手前に落ちたボールは、少し転がってカップに消えました。

2019/05/30
placeholder image

184ヤードを5Iで打つとピン方向へ真っ直ぐに飛んでいき、ピンの根元に「ガシャ」と当たるとボールが消えた。入った瞬間が見えず半信半疑でカップを覗くと33番のボールを確認、ボールマークも無く直接のカップインだった。

2019/05/29
placeholder image

ダボダボダボと調子の出ない4番ホール。 193ヤードショートホール。 180ヤードぐらいの飛距離のユーティリティしかなく、やや打ち下ろしなので手前でもいいかと思い打ちました。トップし、ミスショット。ティーグランドから降りたところ、キャディと同伴者がボールが転がり、オングリーンし、消えたという。。ドキドキしながら、 走って行ってみるとなんとカップイン。キャディさんがタイトリストのボールのホールインワンは特典があると教えてもらい、即保管しました。スコアも歴代3番目まで復活しました。 とても嬉しいです。 帰りの車は150kmぐらい運転しましたが、細心の注意を払って帰りました。

2019/05/27
placeholder image

山口県の西の名門周南カントリーアウト6番少し打ち上げの若干アゲの140ydキャディさんの150yd打ってくださいのことばを信じて7番アイアンを振り抜くといい感じのドローでピン手前に着弾!2バウンド3転がりでボールが消えました。これが人生初。第615会柳井会で尊敬する地元先輩にかこまれての祝福で泣けました!

2019/05/26
placeholder image

距離のあるショートホールだったので思い切って振ったらジャストミートしてピン方向に行ったのがわかりました。グリーンに近づいていくと自分のボールが見つからず、もしやっということでカップを見てみてビックリ!人生初のホールインワンを達成することができました。

2019/05/22
placeholder image

打った後は、いい感触でしたが眩しくて入った瞬間はよくわかりませんでした、ボールがないのでオーバーしたのかと思ってグリーン回りにいったらボールがないので見てみると・・ 入っていてーーー。 ボールはそこのホールでは、よく池に落としていたので、傷ついたボール にかえて使用していました。かなり恥ずかしいです。

2019/05/21
placeholder image

いい感触で打てたのですがグリーンに行くとボールが見当たらず飛び過ぎでオーバーしたのかと思い、グリーン奥の方を探していたら同伴者が入ってる〜!と叫んだのでそこで初めて気づきました。 キャディさんも含めて誰も入る瞬間を見てませんでした。 カップに入ってるのを見た時は足が震えました。

2019/05/17
placeholder image

05/16太平洋相模CCで、人生初のホールインワンです。(太平洋相模CCの14番 Aグリーン156yds ) ボールは打感が最高のタイトリストPRO-V1 色んなボールが出て来ていますが、これ以上のボールは有りません。 打ち上げなので、入ったトコは見えませんでした。これまで海外勤務も含め3,000ラウンド以上していますが、諦めたころ突然にやって来ますねぇ。 来週ここで練習場のコンペが有るので、弾みとなればいいなぁ〜 あっそれと今年初めての70台となりました。

2019/05/17
placeholder image

3番目にショット。少し打ち下ろしだが、ほぼ距離には影響なし。ピンはエッジから6ヤード! その前の二人がピン奥と横5m前後に付けていました。 AP2、8番アイアン。放ったショットはピン筋。グリーンの手前に落ち、他の方がニアピン取られたなぁと言っていると、入るんちゃうかと冗談ぽく言ったとたん、あれ消えたぞ!え、入ったんちゃうん。 打った本人より同組のメンバーの方が興奮してました。 その後、茶店のマダムをカートに乗せてグリーンへ!やっぱりグリーンには2つだけ… 覗くとV1X,NO1が🎉 人生初のホールインワン

2019/05/14
placeholder image

2019年関東倶楽部対抗茨城第3会場予選競技に、取手桜ヶ丘ゴルフクラブの選手で参加し、筑波カントリークラブ IN 13番にて、ホールインワン達成。ピンに向かって飛んで行き、グリーンにオンして、競技用グリーン11.5に設定されてたので、そのままピン方向に転がり、入りました。 はっきり見えたホールインワンでした。大きな大会でのホールインワンだったので、感動しました。表彰会場でも賞品が、筑波カントリークラブよりもらいました。

2019/05/14
placeholder image

・日 時  2019年5月5日(日) 晴れ 気温24度 ・ホール  2番 174ヤード パ-3 青マーク ・クラブ  5番アイアン(プロギアIDフォージド) ・ボール  タイトリストプロV1X(2019年モデル) ・競技会   理事長杯予選会  ・ホールインワンの状況 ピンの位置はグリーンセンター。青ティーマーク169ヤードから5ヤード後方174ヤードのセッティング。アゲインストの風を考慮し180ヤードのクラブをチョイス。いつもより軽く握って力を抜き、8割の力のスイングで、ボールから目をそらさず、頭を動かさず、ピンに向かってストレートボールをイメージして振りぬく。打った感触はパーフェクト。音も振動もないショットで最高の打ち出し。ボールはピンに向かって真っすぐに。グリーンはティーイングエリアからは手前にマウンドが有りピンのカップは見えない状況だが、根元に落ちたように見えた。アンジュレーションの強いグリーンであることから近くまで寄ってみるもボールは見当たらず、一応手前のラフも黙視するがボールの姿は見えない。もはやカップインしている事しか考えられず、他のメンバーも入ったのではとざわつき始めて、私自らカップを覗き込むとタイトリストのボールにグリーンの線を引いた私のボールがカップ根元に沈んでいた。あった!と叫び、ボールを取り出し高々と持ち上げる。メンバーがハイタッチに寄ってくる。 2019年5月1日に平成から令和に元号が変わった。記念の10連休ゴールデンウィークの5月5日、人生初の奇跡の1日が訪れた。祝・鳳凰!

2019/05/08
placeholder image

普段、8番アイアンで、キャリーが145yぐらいなので、軽いフォロー、グリーンの硬さもあり7番から8番に変更。ピンに向かって真っ直ぐ飛び、5m手前から転がって、カップイン。

2019/05/07
placeholder image

ホールインワンは、初めての体験です。最初は実感がわかなかったのですが、ゴルフ仲間に祝福され、ようやく実感がわいてきました。 ホールインを達成したPRO V1xは、自宅のリビングに飾っています。ボールを見ては、ホールインワンの状況を思い出し、にんまりとしています。 ありがとうPROV1x!

2019/05/02
placeholder image

高校時代の同窓生とのコンペを長崎国際カントリークラブで行いました。天気は快晴、そよ風、またとないゴルフ日和でした。インスタートで14番は180ヤードで長くなだらかに上がってグリーン面が見えないショートホールです。前の2組は誰もグリーンオンしていません。オンすればとニアピン狙いで、ユーティリティで花道へショット、低い弾道で花道をランランラン、前組から「入れ入れ」のコール、そして「入った」の叫び声がしました。私を始め同組のメンバーは半信半疑でした。グリーン上で、カップの中の私のボールを確認しました。見えなかったこともあり、感激はさほどでもありませんでした。次回があればカップに入るところを見たいものです。ちなみに、コンペも優勝でした。

2019/05/01
placeholder image

人生2度目のホールインワンでしたが、今回はなんと同伴の方との2人連続の ホールインワンでした。その確立やいかに?

2019/04/11
placeholder image

天候は晴れ かぜが左から右に少し強めに吹いてある中、ドローボールで手前から3バウンドをしてカップに吸い込まれた。 平成最初で最期のホールインワンとなった。

2019/04/10
placeholder image

最終ホールの打ち下ろしのパー3で、カップに直接インしました。コンペでニアピンコンテストをしていたので、前の組が見ていて、入っていることを確認してもらいました。

2019/04/02
placeholder image

ハーフトップでのショットでした、「グリーンまで届け!」と叫んだ時です、周りにいた同伴競技者から「入ったよ!」との声が・・・ 信じられませんでしたが本当に入っていました。

≫ 2019年1~3月のホールインワンストーリーを見る

≫ 2018年10~12月のホールインワンストーリーを見る