HOLE-IN-ONE STORIES

すべてのホールインワンはユニークで、ストーリーがあると考えています。ぜひ、あなたのホールインワンストーリーを教えてください。 また申請フォームにて、ホールインワンの記念写真も共有してください。

2019/05/14
placeholder image

2019年関東倶楽部対抗茨城第3会場予選競技に、取手桜ヶ丘ゴルフクラブの選手で参加し、筑波カントリークラブ IN 13番にて、ホールインワン達成。ピンに向かって飛んで行き、グリーンにオンして、競技用グリーン11.5に設定されてたので、そのままピン方向に転がり、入りました。 はっきり見えたホールインワンでした。大きな大会でのホールインワンだったので、感動しました。表彰会場でも賞品が、筑波カントリークラブよりもらいました。

2019/05/14
placeholder image

・日 時  2019年5月5日(日) 晴れ 気温24度 ・ホール  2番 174ヤード パ-3 青マーク ・クラブ  5番アイアン(プロギアIDフォージド) ・ボール  タイトリストプロV1X(2019年モデル) ・競技会   理事長杯予選会  ・ホールインワンの状況 ピンの位置はグリーンセンター。青ティーマーク169ヤードから5ヤード後方174ヤードのセッティング。アゲインストの風を考慮し180ヤードのクラブをチョイス。いつもより軽く握って力を抜き、8割の力のスイングで、ボールから目をそらさず、頭を動かさず、ピンに向かってストレートボールをイメージして振りぬく。打った感触はパーフェクト。音も振動もないショットで最高の打ち出し。ボールはピンに向かって真っすぐに。グリーンはティーイングエリアからは手前にマウンドが有りピンのカップは見えない状況だが、根元に落ちたように見えた。アンジュレーションの強いグリーンであることから近くまで寄ってみるもボールは見当たらず、一応手前のラフも黙視するがボールの姿は見えない。もはやカップインしている事しか考えられず、他のメンバーも入ったのではとざわつき始めて、私自らカップを覗き込むとタイトリストのボールにグリーンの線を引いた私のボールがカップ根元に沈んでいた。あった!と叫び、ボールを取り出し高々と持ち上げる。メンバーがハイタッチに寄ってくる。 2019年5月1日に平成から令和に元号が変わった。記念の10連休ゴールデンウィークの5月5日、人生初の奇跡の1日が訪れた。祝・鳳凰!

2019/05/08
placeholder image

普段、8番アイアンで、キャリーが145yぐらいなので、軽いフォロー、グリーンの硬さもあり7番から8番に変更。ピンに向かって真っ直ぐ飛び、5m手前から転がって、カップイン。

2019/05/07
placeholder image

ホールインワンは、初めての体験です。最初は実感がわかなかったのですが、ゴルフ仲間に祝福され、ようやく実感がわいてきました。 ホールインを達成したPRO V1xは、自宅のリビングに飾っています。ボールを見ては、ホールインワンの状況を思い出し、にんまりとしています。 ありがとうPROV1x!

2019/05/02
placeholder image

高校時代の同窓生とのコンペを長崎国際カントリークラブで行いました。天気は快晴、そよ風、またとないゴルフ日和でした。インスタートで14番は180ヤードで長くなだらかに上がってグリーン面が見えないショートホールです。前の2組は誰もグリーンオンしていません。オンすればとニアピン狙いで、ユーティリティで花道へショット、低い弾道で花道をランランラン、前組から「入れ入れ」のコール、そして「入った」の叫び声がしました。私を始め同組のメンバーは半信半疑でした。グリーン上で、カップの中の私のボールを確認しました。見えなかったこともあり、感激はさほどでもありませんでした。次回があればカップに入るところを見たいものです。ちなみに、コンペも優勝でした。

2019/05/01
placeholder image

人生2度目のホールインワンでしたが、今回はなんと同伴の方との2人連続の ホールインワンでした。その確立やいかに?

2019/04/11
placeholder image

天候は晴れ かぜが左から右に少し強めに吹いてある中、ドローボールで手前から3バウンドをしてカップに吸い込まれた。 平成最初で最期のホールインワンとなった。

2019/04/10
placeholder image

最終ホールの打ち下ろしのパー3で、カップに直接インしました。コンペでニアピンコンテストをしていたので、前の組が見ていて、入っていることを確認してもらいました。

2019/04/02
placeholder image

ハーフトップでのショットでした、「グリーンまで届け!」と叫んだ時です、周りにいた同伴競技者から「入ったよ!」との声が・・・ 信じられませんでしたが本当に入っていました。

2019/03/24
placeholder image

強風の中迎えた4ホール目、187ヤード。 フォローの風に乗せた7アイアンでのショットがワンバウンドでカップイン。 喜びよりも驚きでした。

2019/03/23
placeholder image

ピン筋に向かっていったボールが、ワンバウンドしてピンにぶつかり、そのあとにカランという音が聞こえました。正直びっくりしました。

2019/03/23
placeholder image

打ち上げのホールでしたので、良いところに乗っただろうとグリーンに向かいましたが、グリーン上にボールはなく、こぼれたのかとガッカリしてボールを探しましたが見つからず、もしやと思いホールを覗き込むとボールが入っており、信じられないと大喜びしました。

2019/03/22
placeholder image

ホールインワンは今回2回目、打った瞬間いいショットだと思ったが、まさか入るとは! 同伴競技者が喜んでくれて嬉しかった。

2019/03/13
placeholder image

打ち上げのショートホールですので、残念ながらカップインの瞬間は見ることが出来ませんでした。

2019/03/10
placeholder image

同じホールを2日連続で周り、2日目にホールインワンを達成しました。 前日はグリーンをオーバーしてしまったので手前に落とすつもりで、ピンを狙って打ちました。

2019/03/07
placeholder image

オナーの方がナイスオンで落ちてから左にフックしながら5~6メートル転がり1メートル以内に付き(あんな感じに付けば良いな!)と、グリーン右エッヂ辺りにスタンスを取り9番アイアンで上手く打てた! 感触は最高でした、右エッヂ内側に落ち、見る見る内にピンに近付いて行き、その後プロV1X真っ白なボールは姿を消してしまい、何が起こったのか?真っ白なボールが消えた瞬間、私の頭は真っ白でした、

2019/03/07
placeholder image

130Yのショートホールで、ピンが奥にきられていました。 グリーン中ほどから奥に下っていてピンホールが見えない状況です。 攻め方としてはグリーン中央に落とせば奥に寄っていくのがわかっていまして 気持ちよくセンターに落とせました。 奥に下っていくのはみえましたがホールが見えないのでどこまで寄ったかな感じ。 行ってみたらボールがなくて奥にはクリークがあるのでクリークに入ったかと思い クリークを探してもない。まさかとは思いホールを覗いたらなんとV1が! 入った瞬間が見えなかったのでホールインワンの実感がなかったですね。 残念なのがセルフで第3者の確認がないため、 ホールインワン保険が適用されないことが一番残念! 次回はキャディ付でトライです。

2019/03/05
placeholder image

浜松カントリークラブ13H、朝一インスタートでのホールインワンでした。 その日は、小林プロ(浜松CC所属)を励ます会で、お天気と仲間に恵まれ、和やかな雰囲気でのラウンドでした。 久しぶりのラウンドだったこともあり、谷越えのパー3はグリーンに乗りますように…と力まずスイングしました。クラブが気持ちよく芯を捉え、ドロー気味の高めの弾道がグリーン手前に落ち、そのまま左奥のカップへ転がり、カップインする音が聞こえてきました。 それでも、ボールを確認するまでは、半信半疑な状況で、確認した時は、ただただ驚いたというのが正直な感想です。 お祝いの言葉をかけていただくにつれ、少しずつ嬉しさを噛み締めています。そして、この幸運が小林プロに伝わることを願っています。

2019/03/04
placeholder image

フェニックスカントリークラブ 住吉コース8番ホールで、ボールを打った瞬間イメージ通りの軌道で飛んでいき、グリーンに2バウンドしてカップに入ったのがティーグラウンドから見えた! 初ホールインワンは大好きなフェニックスカントリークラブで達成でき、とても良い思い出となった。

2019/03/03
placeholder image

千葉夷隅のメンバー有志のコンペで軽い打ち下ろしの130yrdニアピンホールで達成しました! ナイスショットの感触で、ニアピン取れたら良いな~の気持ちでキャディさんもナイスショット~あら消えた?! 全員が逆光でボールの行くえが確認できず、グリーン周りを探していたら、『入ってますよ!』で一同ビックリ! 本人実感無しの達成でした!

2019/03/02
placeholder image

三日前の初打ちコンペで同伴競技者がホールインワンを達成し新年早々いいものが見れたと喜んでいたら今度は自分も達成しました。 前半は久々に納得のいくゴルフが出来て後半もと張り切って迎えた3ホール目でした。 166yほぼ平らで真っすぐのホール、ピンはセンターやや奥でした。 818H2でライン出しショット。ドローでグリーンセンターに着弾、ツーバウンド目で カップ周辺でボールが消えました。 まさかなと思いながら確認しに行くと本当に入っていました。 急いで倶楽部の方へ連絡、すぐ来てくれました。 確認してもらうまではカップにあったほうがいいと思い待っていたら 確認に来てくれた人がカップをのぞきボールを拾い上げてしまいました。 そこは自分に拾わせてよと思いましたがみんな大爆笑だったので これはこれでいい思い出になったかな。 その後もチップインも出てハーフベスト・ベストスコア両方出て最高の一日でした。

2019/02/20
placeholder image

当日は平塚富士見CCのハーフコンペでセルフプレイでした。 打ち下ろし、池越えで見通しが良く後続組にホールインワンを見届けて貰う事が出来、ラッキーが重なった次第です。 手答えあるショットで、今後も忘れられない思い出になると思います。

2019/02/11
placeholder image

会社主催の接待コンペで達成。その日は女子プロも参加しているコンペでした。最終ホールがパー3で141ヤードの打ち上げアゲインスト。7iでしっかり目でうったボールがピン手前3メートルあたりで着弾してカップイン。タイトリストのサンバイザーに記念のサインもしてもらいました。

2019/02/07
placeholder image

その日はクラブ競技でのホールインワンでした。 打感はとても良かったのですが、着弾したのが誰も確認出来ませんでした。 グリーン上に行ってみると、ボールが確認出来ずに、キャディーさんもOBかもねって話していたところ、同伴者の方がホールインワンしている事に気付いて頂いたストーリーです。

2019/02/04
placeholder image

或る会のゴルフコンペで幹事でした。 IN-OUTの順序でスタートでしたので、幹事の仕事も忘れかけてINの18番になり、ショートホール!コンペではニアピンのホールでしたのでニアピン狙いで108ヤード向かい風をピッチングでフルショット!会心の当たりで軽くドローがかかりピンハイ1.5mにオン!!そのまま傾斜に乗り転がって消えました。恐る恐るカップを覗いて・・・入っていましたタイトリストV1X NO72。この時幹事だと思いうれしさは吹き飛びました(笑い)でも苦節34年!正直うれしいですね。

2019/01/30
placeholder image

軽井沢セヴンツー東・入山コース16番パースリーは グリーン面が左に傾斜していて、左に池というレイアウトです。 少しでも引っかかると池に転がり落ちてしまうため、 とにかく、ラインを出すことだけ考えて打ちました。 ピンの手前に落ちて、真っ直ぐに転がったので、 池の方に行かないで良かったとほっとしましたが、 コロコロとピン方向へ向かい、そのまま入ったのが見えたので、 アレ?っと、一瞬、我を疑いました。 入ったよね~、入ったよね~、と周りに居た人に聞きました。 おめでとうございますと言われて、 やっぱり入ったんだとわかりました。 3度めのホールインワンになりましたが、 今回も初めは信じられない気持ちでした。 ゴルフの上達に行き詰まって、なんとなく気持ちが 萎えてきた頃でしたので、ゴルフの神様から 励まされたような、嬉しい気持ちになり、 じわじわと喜びがわいてきて、噛みしめています。

2019/01/28
placeholder image

少しダフリ気味で、バンカーと思いましたが、何とかバンカーを超えてカラーにバウンドし、コロコロ転がり、運よく入りました。 今まで、ピンに当たったり、ピン横15cmは有りましたが、ホーインワンは初めての経験で驚きました。 グリーンに上がり、ホールを覗いた時が一番の感激でした。

2019/01/26
placeholder image

三重県ジュニアゴルフ選手権 スコアがボロボロで、入賞は断念しかけてて、それでもやれることはやろうと考えてたPAR3。 グリーン周りをみんなで探してもボールが見つからず…ロストボール…かも 最後にひょっとしたら、とカップを覗いたらAkihitoYamazakiのオウンネーム入りのボールが! 入賞には届きませんでしたが、優勝者よりも大きな写真が三重県ゴルフ連盟のホームページに載りました。

2019/01/26
placeholder image

打ち下ろし182y、ややアゲインストなので21°のユーティリティ(909H)をてにして打った球は美しい放物線を描いてピンの手前5mに落下しました。自分の球は余りランしない方なので、まさか届くとは思わなかったのに球はスーッと伸びてカップインしました。初めて達成したホールインワンは意外に冷静だったなと云う感想です。その後 このホールのティグラウントに立つ度にジワリと感動が蘇ってきます。

2019/01/25
placeholder image

2019年の初打ち、南斜面のため冬でも日向が多いレイクランドで初ラウンド。最初のショートホール139yを9Iで打ちました。フェード気味に出たボールはグリーン左サイドのやや左サイドへ落ちました。少し日陰だったためベタピンもしくは、凍結グリーンに弾かれオーバーかと思いながら仲間とグリーンへ移動。グリーン上にボールはなく、私はグリーン奥へボール探しに。念のためと同伴者がホールを見ると、そこには私のProv1xの1番が。私は突然のことに呆然とし、同伴者は盛り上がりハイタッチ!ラウンド後も、初めて生で見た! 知り合いで初めてのホールインワン!と感謝されました。 一応、後日厄除けのために同伴者を食事に招待し、各々の使用ボールをダースで進呈させていただきました。

2019/01/24
placeholder image

初めてのホールインワン 打ち下ろしの池越えでカップインまで見ることができ感激しました

2019/01/21
placeholder image

103名のゴルフコンペだったので、この世の終わりだと思った。

2019/01/20
placeholder image

1月にしてはとても暖かなお昼少し前。 セーターを前のホールで脱ぎ、少し肌寒いとは感じたが薄着になることで身体がのびのびと動くことに感動しながらプレーしていました。 そして向かえた145yのパー3、風はほぼ無風の絶好のコンディション。 前の組の知り合いたちもグリーンサイドで見守る中、8番アイアンで放ったショットは低めの弾道でピン筋に。 約5m手前に落ちたボールは、そのまままっすぐに転がりピンに当たってカップイン! グリーンサイドの仲間たちの大歓声でホールインワンを確信し、ティーグランドでこっちも負けずに大騒ぎ&ハイタッチ。 仲間たちのおかげでとても印象に残る瞬間でした。 その分、幸せのおすそ分けも頑張らなきゃです。

2019/01/18
placeholder image

去年日本オープン開催の横浜カントリー西コースIN12番 6番UTで放ったボールはピンめがけて一直線、自分でははっきり見えなかったがキャディーの 入りましたよ!の声に胸はドキドキ、ピンまで小走りで駆け寄りグリーン上で万歳。 こうしてゴルフ人生初めての夢のような出来事が実現したのでありました。 地道な努力が実を結んだと、いい年して一人でニヤニヤしている自分がいます。

2019/01/13
placeholder image

このホールのグリーンは旗よりも奥に乗るとパッティングが難しくなるため絶対に奥には付けないように考えました。エッジまでは155ydであったのでその距離が打てればいいと8番アイアンを選択しました。インパクトの感触は良くV1特有のソフトな打感と共にボールは舞い上がりました。この時期はグリーンも硬いのですが、スピンも効いて穏やかにグリーンに落ち、ワンピン程転がりボールはカップに消えて入ったと確信致しました。鳥肌が立ち、同伴者と喜びを分かち合いました。忘れられぬ1日となりました

2019/01/12
placeholder image

プロゴルファー藤田さいきさんの応援チャリティーコンペにて達成しました。スタート3ホール目の160ヤードを7番アイアンにて打ちました。アイアンは一週間前に、同プロがフィッティング契約を結ぶクラブメーカー(JB)社長にフィッティングにて作って頂き、初打ちにてホールインワンとなりなした。表彰式ではさいきプロを始め藤田勇樹プロ、小倉ひまわりプロにも祝福していただき記念すべき日となりました。

2019/01/11
placeholder image

コンペだったので、ニアピン賞が取れればいいと思いショットしました。ややドローのラインを描きピンに向かって、ピン奥にオンしました。バックスピンしてピン方向へ、ニアピン賞確実だと思い喜んでいた所、ボールが消えました。スローモーションのようでした。

2019/01/08
placeholder image

正月にやりました。今年1年いい年でありますように!

2019/01/08
placeholder image

初夢杯。その日の調子は良くなく、スッキリしないラウンドでしたが、同伴者は人格者であったこともあり、今日は楽しくラウンド出来ればOKという気分になっていました。15番でやっと綺麗なパーを取れて気持ちよく16番ティーに上がりました。ピンは一番手前に切られており160y。左からのアゲインストの風。6番アイアンを持ち、前の組みがホールアウトし、グリーンを出たところで今思えば何も考えずに振り抜いたところ、高い弾道でピン手前1mに落ち2バウンドした後、傾斜で少し右に流れボールは消えました。同伴者の女性の方は、とても興奮して大声で歓声をあげ、1番ホールのグリーンまで聞こえていたらしいです。同伴者皆でハイタッチ。キャディは入社8ヶ月の新人なので戸惑いながら、控えめのハイタッチ。帰りに倶楽部から、表彰状とマーカーをもらいました。

2019/01/05
placeholder image

富士ゴルフコース アウトスタート 快晴の天候で富士山が素晴らしい(記念写真)。No3(鶯谷)138ヤードでは、ティーグランドが前位置でキャディーは132ヤードを宣言。ピッチングウエッジを選択してショットしたら若干薄い当たりだったが方向は真直ぐ。グリーンまで届けとの思いでボールを見やると無事オンしてピンに向かって転がり、ボールが見えなくなって入ったと思った瞬間打たせてくれた前組からの歓声、念願だったホールインワンの達成。ピンの近くに落ちて少し弾んで入るとの空想は力量から現実的でなく、ホールインワンは前から転がすがセオリーとなる。

2019/01/01
placeholder image

前回8月に人生初のホールインワンを達成してから、4ヵ月後に2回目が出た!162ヤード、ピン奥10ヤード、アゲンスト、1m手前に落ちてスライスラインを カップイン!アゲンストだと170ヤード先でもカップインの音がハッキリ聞こえました。2度あることは3度ある???…最近ショートホールで毎回ドキドキしています。

≫ 2018年10~12月のホールインワンストーリーを見る