News

フィッティングコラム vol.4:女子プロも注目!ロフト50度ウェッジ。

日本各地のゴルフショップやゴルフコースでボーケイウェッジのフィッティングイベントがスタート。そのフィッティングプログラムを担当する、ウェッジフィッターの三瓶大輔(みかめ だいすけ)がウェッジ選びのポイントを6回に分けてお送りします。

100ヤード。PWでは大きい!AWでは届かない! そんな悩みはありませんか?

前回のコラムでは、56度のサンドウェッジ(SW)をオススメしましたが、今回はアプローチウェッジ(AW)についてお話しします。

フィッティングをしていると、AWは52度!という方が多いことに気づきます。しかし、同時に「100ヤードを打てるクラブがない」という悩みも多く聞かれます。この場合、フィッティングではロフト50度のウェッジを52度の代わりとして試していただくことにしています。最近はストロングロフトのアイアンも多く、PWのロフトは42度〜45度になっているケースが少なくありません。PWとSWのロフト間隔が大きくなりすぎ、100ヤード前後の距離が狙いにくくなってしまう場合も多いからです。

ボブ・ボーケイは、クラブを変えるだけで約10ヤード刻みの距離が打ち分けられるウェッジの組み合わせを推奨しています。100ヤードを狙う時、PWでは大きい、AW(52度)では届かない。そんな悩みを抱えている方は、ぜひタイトリスト ウェッジフィッティングで50度ウェッジもお試しください。
(フィッティング担当/三瓶)

一般的によくみられるPW、AW、SWのウェッジ3本セット。

ストロングロフトアイアン愛用者が多い女子ツアーでも、使用者急増のロフト50度のウェッジ。


PWとSWの間を埋めるAW。飛距離を基準にロフト52度だけでなく、50度も選択候補に加えてください。


<< vol.3:ボブ・ボーケイが「56°」を推奨する理由。
vol.5:スタイルが決めるソールのグラインド。>>