#TSProjectにようこそ

タイトリスト スピード プロジェクトへのご招待

「最高の性能と品質の製品を世界中の熱意ある、すべてのゴルファーに提供する」
それが創業以来変わることのない、タイトリストの基本理念。

タイトリストのクラブR&Dチームは、ゴルファーがドライバーに求める最高の性能を具現化するため、
“Titleist Speed Project(タイトリスト スピード プロジェクト)”を立ち上げた。
“Speed”をテーマにした、新たなる挑戦である。

『あなたも#TSProjectに、是非ご参加ください』

TS METALS ON TOUR

アダム・スコット TS3 (10.5) アダム・スベンソン TS3 (9.5)
アドリアン・サディア TS2 (8.5) アルビン・チェ TS2 (10.5) | TS3 (16.5)
アレックス・スプリンガー TS3 (9.5) | TS3 (15) アン・ビョンフン TS3 (9.5)
アンドリュー・ジョンストン TS3 (9.5) アンドリュー・ドット TS3 (9.5)
アンドリュー・ユン TS2 (10.5) | TS2 (15) | TS2 (21) アンドリュー・ループ TS3 (8.5) | TS2 (13.5)
イアン・ポールター TS3 (9.5) イーサン・トレーシー TS2 (8.5)
イェンス・ダントープ TS3 (9.5) ウィル・クラクストン TS3 (11.5)
ウィル・ザラトリス TS3 (9.5) ウェイド・オームスビー TS3 (8.5) | TS3 (15)
ウェブ・シンプソン TS3 (10.5) エリック・アクスリー TS2 (8.5) | TS2 (15) | TS2 (18)
ギャビン・モイニハン TS3 (9.5) キャメロン・スミス TS2 (9.5) | TS2 (15)
グレゴリー・ボーディ TS2 (8.5) クレメント・ソルデ TS2 (9.5) | TS3 (16.5)
ケビン・フォーリー TS3 (8.5) コナー・ゴッドジー TS2 (8.5) | TS2 (15)
ザック・ブレア TS2 (9.5) | TS3 (15) サム・ホースフィールド TS3 (9.5)
ザンデル・ロンバルド TS2 (9.5) | TS2 (16.5) J.T.ポストン TS3 (9.5) | TS2 (15)
ジェイソン・コクラック TS3 (9.5) | TS2 (15) ジェイソン・スクリブナー TS2 (10.5)
ジェイソン・ノリス TS2 (9.5) ジェイソン・ボーン TS2 (9.5)
ジェフ・オギルビー TS2 (10.5) | TS3 (16.5) ジミー・ウォーカー TS3 (8.5) | TS3 (13.5)
ジャスティン・トーマス TS3 (9.5) | TS3 (15) ジュリアン・ガーリア TS2 (8.5)
ジョーダン・スピース TS2 (15) ショーン・オヘアー TS3 (10.5) | TS3 (13.5) | TS3 (18)
ジョナサン・ホッジ TS3 (10.5) | TS2 (16.5) | TS2 (21) ジョン・ヴァンデラーン TS2 (10.5)
ジョン・ペターソン TS2 (8.5) スコット・ジェイミソン TS3 (8.5)
スコット・ピアシー TS2 (15) スコット・ピンクニー TS2 (9.5)
スコット・ヘンド TS3 (9.5) スティーブン・ギャラハー TS3 (8.5)
ダグ・ギーム TS3 (10.5) | TS2 (16.5) ダドリー・ハート TS2 (9.5) | TS2 (15) | TS2 (21)
チェッソン・ハドリー TS2 (10.5) チャーリー・ホフマン TS3 (9.5)
D.H.リー TS2 (10.5) デレク・ファサワー TS2 (10.5)
ドミニク・ボツェリ TS2 (9.5) トム・ホイットニー TS3 (10.5)
トム・ホジー TS2 (13.5) トンチャイ・ジェイディー TS3 (10.5)
ニック・ハーディ TS3 (13.5) パーカー・マクラクリン TS3 (11.5) | TS2 (16.5)
パク・サンヒョン TS3 (10.5) | TS3 (15) パットン・キザー TS3 (10.5)
ハンク・ルビオーダ TS3 (10.5) | TS2 (15) ピーター・マルナチ TS2 (9.5) | TS2 (13.5)
ピーター・ユーライン TS3 (9.5) ビル・ハース TS2 (9.5) | TS2 (15) | TS2 (18)
フェルナンド・メシェレフ TS2 (8.5) | TS2 (15) ブライアン・ハーマン TS2 (13.5) | TS2 (18)
ブラッド・ファクソン TS2 (10.5) ブレイン・バーバー TS2 (10.5)
ブレット・ラムフォード TS3 (10.5) | TS2 (13.5) ブレンドン・デ・ヨング TS3 (10.5)
ブレンドン・トッド TS2 (10.5) | TS2 (15) ブロンソン・バーグーン TS3 (8.5)
ベン・テイラー TS3 (9.5) | TS2 (13.5) ポール・ダン TS3 (9.5) | TS3 (15)
ホセ・トレド TS3 (9.5) | TS2 (15) マーク・アンダーソン TS2 (10.5) | TS3 (15)
マーク・ターネサ TS3 (9.5) | TS3 (15) | TS2 (18) マーク・ハバード TS2 (9.5)
マイケル・ウィーバー TS2 (9.5) マイケル・キム TS2 (10.5)
マイケル・ジョンソン TS3 (9.5) | TS3 (15) | TS3 (18) マイケル・ミラー TS2 (9.5)
マシュー・サウスゲート TS2 (8.5) マックス・ホマ TS3 (8.5) | TS3 (13.5)
マックス・マリスコ TS2 (9.5) | TS3 (15) マックス・ロットルフ TS3 (9.5) | TS3 (15)
マット・ジョーンズ TS3 (11.5) マット・ライアン TS2 (9.5) | TS2 (13.5)
ラファ・ガブレラベロー TS3 (9.5) ラント・グリフィン TS2 (10.5)
リー・スラッテリー TS3 (8.5) リッチー・ウェレンスキ TS3 (9.5) | TS3 (15)
ロドルフォ・カサウボン TS2 (9.5) | TS3 (15) ロバート・カールソン TS3 (8.5)
ロバート・ストレブ TS2 (10.5) | TS3 (15) ロビー・シェルトン TS2 (9.5)

User's Vice

いち早くTSドライバーを購入されたTEAM TITLEISTの皆さまからコメントをいただいています。

  • TS3 10.5° Tour AD lz6xでラウンドしました。
    10.5°ですが、高さ抑えめの強い球が出ます。捕まりやすい印象を受けました。

    操作性もいいと思います。
    やや捕まる感じがあり、基本的にドローボールが出そうなイメージがありましたが、慣れればフェードボールも打てます!

    またミスヒットに寛容なことに驚きました。
    以前のモデルだとますヒットしたと思った瞬間にミスが出ますが、TS3では、そこそこな飛距離が出て左右のばらつきも少なかったです。

    非常に素晴らしいドライバーです。
    ドライバーの飛距離が7~10y近く伸びましたし理想の弾道です。 とても満足です!
  • 振りやすさを追求したモデルと言うことで試打を楽しみにしていました。さすがにTSと品名を変えただけのことはあります。ヘッドスピードも初速もアップしました。即、TS3を購入して、練習場で改めて打ってみると今までのモデルとの違いを感じました。それは、ボールの落ち際でした。落ちずに最後まで粘ってくれる感じで、飛距離もアップ!タイトリストは構えた時の安定感が好きなので、飛距離が加わって大満足です。TS3は左を怖がらず振れて、操作性も良いのでこれから大きな武器になってくれると思います。フェアウェイウッドは苦手でしたが、これは上がりやすく、方向性も良いのでドライバー購入後、改めて購入しました。
  • 本日、木曜日に受け取って練習場で一発も打たずにコースで初打ちしました。
    同伴者が私の飛距離に驚き、私も素晴らしい飛びと方向性に打感に驚愕!
    私にとってTS2とディアマナDFのマッチングは最高で、強力な武器になりそうです!
  • 917D2からTS2に買い替えました。
    飛距離は少しだけの伸びでしたがサイドスピンが少ないのか、失敗した際の曲がり幅が少なくOBの確率が、グンと減りました。
  • TS3を買いました。

    多少芯を外してもちゃんと飛距離が出ますが、ミスショットは今まで通りキッチリとOBゾーンに飛んでいきます?

    でも、ボールを無くす個数は圧倒的に少なくなりました。
  • 910からタイトリスト使ってたんですが、飛距離につられてテーラメードM1.M3と離れてました。今回飛距離にこだわったとの事で発売日に手に入れました。
    満足する飛距離性能です。
    タイトリストに戻れて満足しています。
    アイアンもCBに替えてそう入れ替えしました。
  • TS3ドライバーとFW(15°)をメンバーコースのプロショップで購入し、早速翌日の月例で投入しました。普段より15ydくらい飛んでいたうえ、少々のオフセンターヒットでもカバーしてくれる許容性がすごいです。ずっと440ccのドライバーでしたが、460ccでも構えた違和感は全くなし。先行試打会では、打感が気に入って購入を決めましたが、実戦投入で性能を実感できました。ベストも更新できて良かったです。
  • よく飛ぶし、曲がらない!
    今までは915D3を使っていたけどハッキリ違いが分かる。
    250ヤードの打ちっ放しで、915D3とTS2を打ち比べて即買いするほどの違い。

    915のナイスショット=TS2のアベレージ
    最頂点からの伸びが違う!
    スライスもほとんど出なくなりビックリしました。
  • 初速が速い!ミスヒットに対してもクラブがカバーしてくれてる感じがする。
  • TS3ツアーAD(SR)レフティ購入917D3からの買い換え、購入後練習場では使用ボールのせいか正直飛距離が伸びたとは感じられなかったが、いつも行くゴルフコースで使用てみると明らかに出玉が強く飛距離が917D3の時のナイスショットの位置より20yは前に出ていて、驚くことにヒールに当たってもそこそこ飛距離が出るので、いつも一緒に回る同伴者もかなりビックリしていた。シャフトもヘッドスピード40前後の私には柔から過ぎず硬過ぎずピッタリでした。飛距離が落ちて悩んでいたところにとても良いクラブに巡り会えました。練習場のボールではこの良さは感じられないと思います、コースで打って本当の良さを体感するのが一番だと思われます。
    不満点をあげるとすると、好みだと思いますが音が金属音過ぎるところかな。
  • ミート率が平均1.50と非常に高い。練習場のレンジボールでの数値です。コースボールならもっと出るはず。初速出るとの前評判はその通りで、スイートスポットも広いようです。

※掲載スペースの関係上、写真の一部を省略しております、予めご了承の程よろしくお願い致します。

TS2・TS3を使用した感想を、こちらより投稿してください!

使用した感想を投稿

#TSProject News

飛距離アップの選択は一つではない!スピードを覚醒させる、2つの方法とは?

飛距離アップの選択は一つではない!
スピードを覚醒させる、2つの方法とは?

ボールスピードを極限まで高めるために“最良”の技術策をすべて講じること。それがスピードプロジェクトを立ち上げたR&Dチームが出した結論でした。過去に縛られず、目新しさにこだわることもなく“最良”を追究し飛距離アップの基盤、骨格を本気で作りあげる。“TITLEIST SPEED CHASSIS”です。

ツアープレーヤーの飛びは、想像を超える。320ヤード超えは当たり前のハイ・スピード時代へ突入

ツアープレーヤーの飛びは、想像を超える。
320ヤード超えは当たり前のハイ・スピード時代へ突入

2018年の米国PGAツアーはプレーオフシリーズが終了し、シーズンの全日程を終えました。6月、全米オープンからツアープレーヤーへの供給が始まったタイトリストTS2・TS3 ドライバー。今回は開発チームが“スピード”に着目して開発を進めた背景をご紹介します。

“アマチュアもスピードアップ!” TS ドライバーの飛距離性能を先取り体験

“アマチュアもスピードアップ!”
TS ドライバーの飛距離性能を先取り体験

アクシネットジャパンインクでは、8月21日から8月30日の期間において、全国8会場を巡る『#TSProjectDEMO』(Team Titleist会員限定TS先行試打会)を開催いたしました。

メジャーの舞台で躍動! A・スコットが認めたTS3の飛び。 ~ 全米プロゴルフ選手権 ~

メジャーの舞台で躍動! A・スコットが認めたTS3の飛び。
~ 全米プロゴルフ選手権 ~

米国ミズーリ州ベルリープCCで行われた2018年シーズンのメジャー最終戦『全米プロゴルフ選手権』で、久々にメジャー2勝目に肉薄したタイトリスト契約プレーヤー、アダム・スコットについて、今日はレポートしてみたいと思います。

速報!ジャスティン・トーマスが TS3 ドライバーで、 世界ゴルフ選手権を圧勝&初制覇!

速報!ジャスティン・トーマスが TS3 ドライバーで、 世界ゴルフ選手権を圧勝&初制覇!

WGC-ブリヂストンインビテーショナル最終日、通算15アンダーまでスコアを伸ばし首位を独走してきたジャスティン・トーマスは、その勝利を決定づけるドライバーショットを最終18番で放ちました。

ツアープレーヤーが続々投稿中! ハッシュタグ#TSProjectに注目!

ツアープレーヤーが続々投稿中! ハッシュタグ#TSProjectに注目!

6月の全米オープンからツアープレーヤーへの供給が始まったタイトリスト TS2・TS3 ドライバーですが、このニューモデルからこれまでにないコミュニケーションが始まっています。それが #TSProjectです。

かつてないスピード・チェンジ! 世界のツアーでTSドライバーの使用者が急増

かつてないスピード・チェンジ! 世界のツアーでTSドライバーの使用者が急増

既報の通り、タイトリストTSドライバーは6月に行われた『第118回全米オープンゴルフ』から、ツアープレーヤーへの供給が始まりました。